“ネイル”で楽しむバイクライフ

Bike Life

バイクの楽しみ方はいろいろ……というわけで今回はネイルのお話です。

みなさん、爪は長い派?それとも短い派ですか?

私は断然、短い派。長いのが苦手で伸びてくるとすぐ切りたくなっちゃうんです。となると、マニキュアを塗ってもあまり素敵じゃないし、それにマニキュアはなんだか爪が呼吸できてないような感じで(分かりますか、その感覚?・笑)、特別なことがない限りはあまり塗りませんでした。

でも縁あって、バイクに乗るネイリストの橋本千智さんと出会い、彼女がデザインするネイルの写真を見ていたら、自分でもやってみたい欲求がフツフツ。「愛車のドゥカティをイメージしてデザインして欲しい」とリクエストしてジェルネイルをしてもらいました。

橋本さんの愛車はカワサキW650。二輪免許を取ったきっかけは、片岡義男の小説「彼のオートバイ、彼女のオートバイ」。バイクに乗り始めて1年とちょっとだけど、かなりハマっているそう。

結論から言うと、ステキ!大満足!指先を見るのが楽しくなりました。

あと、せっかく爪が綺麗なのに手がカサカサだとみっともないからと、ハンドクリームで保湿をしたりネイルオイルを塗っておこうと、手全体のケアもするようになりました。

ドゥカティの生まれ故郷、イタリアンカラーをベースに、トレッドパターンやスクランブラーのタンクに使われていた「×」のマークなども入れてもらいました。

バイクに乗るときはグローブをはめるので見えなくなるけど、外したときや、普段の日常でも指先を見ることでバイクを身近に感じられてテンションUP。しかも、グリーン、レッド、ホワイトを使ったイタリアンデザインは、クリスマスっぽくもあるのでこのシーズンにぴったり。

これまではあまりネイルに興味のなかった私ですが、ジェルネイルをすることで爪が割れにくくなるという利点があることや、短い爪でもネイルを楽しむことができるんだなという新しい発見がありました。

現在、三重県をベースに活動しているネイリストの橋本さんですが、今年の9月からは東京のサロンでも施術をスタート。気になる方はコチラをチェックしてみてくださいね。

ちなみに、今回のジェルネイルはこんな感じで施術してもらいました。

私のリクエストを聞きつつ、橋本さんが事前に作ってくれたデザインサンプルのネイルチップ。右端のトレッドパダーンはキラキラ感が強かったので、実際は少しシルバーを抑えてもらった。

事前にどんなデザインがいいかリクエストして、それに沿ったサンプル(今回はドゥカティをイメージ)を作っていただき、これを元にデザインを詰めていきます。どの指にどの柄を持ってくるかもポイント。自分でも一番目に付く親指にもっとも気に入った柄を入れてもらうことにしました。

まずは爪の長さや形を整えます。その後、甘皮を綺麗にし、爪の表面をジェルがのりやすいように少し削ったりして、ベースを作る。

デザインに合わせて1色ずつ色をのせていく。ひと塗りごとにジェルネイル用のUVライトで乾かす。数回重ねることではっきりとした色が出る。

仕上げにはトップコートを塗って完成。

ちなみに、左手の薬指はタイヤのトレッドパターンをイメージしたもの。どんどんネイルが仕上がっていく様を見るのはとても楽しかったです。指先が綺麗だと女子力はもちろん、気分もアガりますよね!

Yuko Matsuzaki

38,044 views

「バイク女子部 通信」編集長、Facebook「バイク女子部」管理人。バイク雑誌「MOTO NAVI」や自動車雑誌「NAVI CARS」の編集部に約12年在...

プロフィール

ピックアップ記事