• HOME
  • Bike Life
  • 陸・海・空、様々な分野で世界に羽ばたく!「カワサキワールド」見どころリポート!

陸・海・空、様々な分野で世界に羽ばたく!「カワサキワールド」見どころリポート!

Bike Life


神戸の市街地にある海沿いの人気の観光エリア「メリケンパーク」。そこに帆船と波をイメージした白いトラスの建物が印象的な神戸海洋博物館があります。その博物館の中に「カワサキワールド」はあります。

ここは神戸港の歴史から船の歴史、また神戸から世界に展開する川崎重工のテクノロジーについて「見て」「触れて」楽しめるスポット。

今回は別の予定もあって関西に行ったのですが、ここまで来たのなら「カワサキワールドも見たい!」と、バイク女子部のメンバー4人で大阪からJRを利用して元町駅まで40分ほどかけていきました。

バイク乗りなら絶対に楽しめる日本発の技術も満載だったので、私が見どころをリポートさせていただきます!

綺麗な白い建築物と神戸ポートタワー。
この日、ポートタワーは改修工事中。次回はバイクで来たい。

日本の技術力を再確認できる館内展示

神戸海洋博物館」は1987年に「神戸開港120年記念事業」として建設。2006年からは川崎重工グループによる企業博物館「カワサキワールド」が併設展開されています。2020年にはリニューアルオープンされ、映像やグラフィックを使った展示も増えたのでとても綺麗で見やすいのです。

入館料は大人900円、これでどちらの展示も見ることができます。
入り口を入ってすぐの海洋博物館から見ていきましょう。

~神戸海洋博物館~

1階には船の模型があり、神戸港開港からの150年の歩みが分かるプロジェクションマッピングが来場者を迎えます。
2階は歴史から見る神戸のテーマで船の歴史資料館になっています。

トップページ | 【公式】神戸海洋博物館

2階には歴史的な資料が色々ありましたが、船の船主像(船の先端に安全を祈り設置される像)が私はとても興味をそそれました。大きな船の船首に付くので人間の大きさくらいあるのですが、長い航海を経てボロボロにはなりながらも船の安全を守りきった神々しさがどの像からも感じられて、美術品のような風格を感じました。

胸に手をあてて祈る女神像が多かった。この瞳でたくさんの航海の安全を見守っていたんだろうと。

~カワサキワールド~

ここでは川崎重工が歩んできた日本発の素晴らしい技術力について知ることができます。「船」「飛行機」「オートバイ」「新幹線」「車」「ジェットスキー」「ヘリコプター」「ロボット」など川崎重工が関わる全ての製品についてそれぞれゾーンがあり、分かりやすく説明があります。

まず入り口から映える写真スポットがあり、バイク女子部メンバーで1枚。

カワサキヒストリーコーナーでは創業者・川崎正蔵、初代社長・松方幸次郎について知ることができます。創業からどんな風に日本から世界に事業を展開していったのかを学べます。(上野にある国立西洋美術館を創設した松方幸次郎さんのコレクションが彫刻・美術の松方コレクションというのは知っていましたが、その松方さんが川崎重工の初代社長というのは初めて知りました)

「川」の字をモチーフとしたこのシンボルマークの歴史は長く、創業者である川崎正蔵が自ら考案し、所有船で使用していた1870年代にまで遡ります。

~モーターサイクルギャラリー~

そしてカワサキの最先端のマシンから歴代の名車がズラリと並びます。

それぞれの時代のチャンピオンマシンから、どんな技術が市販車にフィードバックされたかを実車で比較しながら見ていけるのが興味深かったです。

展示下がチャンピオンマシン、上が市販車。実車で技術のフィードバックの
経緯をみられるのはとても興味深い。
下がローソンが操ったレーサーのKZ1000S。上は市販のローソンレプリカ
レーサーのZXR-7、上が切れてしまいましたが市販のZXR750

モトクロスレーサーKX450F
カワサキが引き継ぎ復活させたメグロブランド

この日はライディングシミュレーターRidEXは動いてなく、跨がれたバイクはZX900RとNinja1000。

~陸のゾーン~
ジオラマコーナーは必見!

新幹線、電車好きにはたまらないゾーン。模型や実車が設置されています。

実際に運転席にも座れます。後ろには子供たちが並んで目を輝かせて待ってます。
新幹線のこの台車部分が川崎重工の技術です
【必見】鉄道模型のジオラマコーナーがとても良くきてます。細かなところまでよくできていて、その世界に入り込んだようにワクワクします。小さな子供たちはもう釘付け。(大人の私達も)
チラシを見ながらスクープを探します!細かい描写がみごと。ミーティングが行われるカワサキバイクショップとか楽しそうな様子がジオラマで再現されています。

~海のゾーン~

続いての海のゾーンでは水上バイク、風を受けて走っているシミュレーターがあります。

~空のゾーン〜
ヘリコプターと飛行シミュレーター

パイロット気分で神戸空港の離発着を体験できるフライトシミュレーターもあります。

~パフォーマンスロボット~
楽しい関西弁でプレゼンテーション

川崎重工の工場で活躍中の産業用ロボットを紹介するエリア。重い物を持ち上げたり仕分け作業をしながら、「こんなんできるんやで~」と関西弁で技術をプレゼンテーション。やっぱり関西エリアですから^^ 子供達もその方がしっくりきますよね。親しみがわきます。

屋外展示も見逃さずに!

海洋博物館の入り口近くに屋外展示されるコンテナ船「らいん丸」搭載蒸気タービンエンジン。内部の仕組みが見えるので興味深々。この蒸気タービンエンジン以外に「トリガー装置」や潜水機「マリンバード」、「神戸港震災メモリアルパーク」などもあるので、ぜひ行かれる方はご覧ください。

神戸海洋博物館webサイトで事前にチェックすると見落とさないね!
https://kobe-maritime-museum.com/

カワサキワールドを満喫したあとは、神戸・南京中華街

カワサキの魅力を充分に堪能したあと、ランチタイムにオススメなのがカワサキワールドからもほど近い南京中華街。

美味しい中華を楽しみ、有名な豚まん「老祥記(ろうしょうき)」に並んでみるのもいいかも。老祥記は目の前で豚まんを作っていて、とても美味しそうだったんですが、私たちは時間がなくて隣の中華料理屋さんへ。


とっても美味しかった!楽しかった!

ツーリングの目的地にピッタリの「カワサキワールド」(神戸海洋博物館)、ぜひみなさんもバイクや電車で足を運んでみてください。

「カワサキワールド」
住所:兵庫県神戸市中央区波止場町2番2号(神戸海洋博物館内)
営業時間:10:00 ~ 18:00(入館は17:30まで)
入館料:大人:900円 / 小人(小・中・高):400円
休館日:毎週月曜日(月曜日が祝日の場合は、翌日に休館)
年末年始(12月29日〜1月3日)
https://www.khi.co.jp/kawasakiworld/



HayashiKaori

18,900 views

バイク女子部の管理人しています!バイク女子部が楽しめる情報ありましたら何でもご紹介ください♪ ツーリング、レース等、色んな角度で女性ライダーにバイクに触れて...

プロフィール

ピックアップ記事