• HOME
  • News
  • タイ発のカスタムブランド、K-SPEEDのカブはちょっとオシャレして乗りたい

タイ発のカスタムブランド、K-SPEEDのカブはちょっとオシャレして乗りたい

News

少し前ですが、めちゃくちゃカッコいいカブに出会いました。

こちらはK-SPEEDというタイ発のカスタムブランドのコンプリート車なのですが、一見カブには見えないモダンで大人スタイリッシュなデザイン。

この日はモトーリモーダ銀座店で試乗会をやっていたので少し乗らせてもらったのですが、見た目のインパクトとは違いとても乗りやすかった! そりゃそうですよね、ベースはホンダのスーパーカブですから。

この日はK-SPEED直営店のDopeの店長、鎌田由里南さんがいらしていました

1958年の発売以降、ロングセラーとして愛され愛好者が多いカブですが、少し前まではやっぱり配達バイクのイメージが。でも最近はカラフルなモデルの登場やアニメの影響などもあり若者からも支持されるバイクになりました。

話はK-SPEEDのカブに戻りますが、これらのカスタムカブはタイ・ホンダがK-SPEEDの代表でありデザイナーであるタナディット・サラウェク氏に「カッコいいカブを作って欲しい」と依頼をして出来上がったモデルなのです。

K-SPEED代表のタナディット・サラウェク氏とTOKYO STREET(photo_K-SPEED JAPAN)

洗練されたデザインを得意とするインダストリアルデザイナーであるタナディット氏がまず手がけたのはTOKYO STREET(トーキョーストリート)。禅に通じる日本的な美しさを意識したとのことでシンプルでありながらどこか目を惹くカスタムですね。

(photo_K-SPEED JAPAN)

さらにその後に作られたのが今回試乗したSIAM STREET B(サイアムストリートビー)。こちらはディスクホイールと太いタイヤがインパクト大ですが、黒と茶をベースにしたカラーリングが上品で、オシャレして乗りたいなーと思いました。

(photo_K-SPEED JAPAN)

K-SPEEDではほかにCT125やレブルのカスタム車も手がけているそうですが、なんとそれらを実際に見られる直営店Dopeがオープンしたばかり。しかも店長は女性!

この試乗会でも少しお話しさせてもらいましたが、バイク業界に入ったきっかけがユニークなのでその辺のお話しも聞いてみたいと後日ショップにお邪魔することにしました。その辺りのリポートはまた後日。

K-SPEED JAPAN オフィシャルサイト

Yuko Matsuzaki

16,897 views

「バイク女子部 通信」編集長、Facebook「バイク女子部」管理人。バイク雑誌「MOTO NAVI」や自動車雑誌「NAVI CARS」の編集部に約12年在...

プロフィール

ピックアップ記事