• HOME
  • Wear & Gear
  • ライディングスタイルも様になる、レッグバッグが気になる!

ライディングスタイルも様になる、レッグバッグが気になる!

Wear & Gear

最近はスマホさえあればなんでもできる時代。友達と連絡を取ったり、地図を見たり、電子マネーで支払いだってできちゃう。だから、バイクに乗るときも、スマホと免許証だけ持って出かけるなんて人も増えてきているのでは。

実際、最近出会ったSS系女子はとにかく荷物がコンパクト。小さなウエストバッグを斜めがけしたり、中にはジャケットのポケットにスマホだけ入れて手ぶら…なんて方も。でもたしかに、バイクに乗るうえではなるべく荷物は少ない方がいい。リュックやショルダーバッグを持てば、肩にストレスがかかったりバタつく可能性もありますもんね。

そんな今日この頃、私が気になっているのがレッグバッグ。そう、名前の通り脚に取り付けるバッグなのですが、ライディングの邪魔にならないし、コーディネートのアクセントにもなってカッコイイなあと思うのです。

最近オープンしたばかりのレディース専門店「Motorimoda Donna」でもレッグバッグを取り扱っていました。下の写真は「helstons(ヘルストン)」というフランスのライディングアパレルブランドのもの。丈夫なコットンキャンバスとレザーのコンビで、大きなファスナー付きのメインコンパートメントに大小のポケットが付くタイプ。カラーはブラックとブラウンがあります。

helstons レッグ バッグ、17,600円(税込)
カラーはブラックとブラウンの2色。
体に当たる部分はこんな感じ。

もうひとつは、ヘルメットブランド「HARRISON(ハリソン)」のレッグバッグ。とってもコンパクトなサイズですが、マチがあるので意外と収納力もあります。

ハリソン レッグ バッグ、3,300円(税込)

もちろん、これだけじゃ荷物は収納しきれない!という荷物が多い派の人(私も!)は、タンクバッグやリアバッグと併用して、貴重品だけレッグバッグに収納するという方法もあり。

メインバッグとして、あるいはサブバッグとして、今年はレッグバッグに注目してみませんか?

Yuko Matsuzaki

32,742 views

「バイク女子部 通信」編集長、Facebook「バイク女子部」管理人。バイク雑誌「MOTO NAVI」や自動車雑誌「NAVI CARS」の編集部に約12年在...

プロフィール

ピックアップ記事