• HOME
  • Spot , Wear & Gear
  • コンパクトでスタイリッシュ!自身の理想を形にした、こだわりのヘルメットブランド「TT&カンパニー」

コンパクトでスタイリッシュ!自身の理想を形にした、こだわりのヘルメットブランド「TT&カンパニー」

Spot

バイクに乗るうえで欠かせないのがヘルメット。1986年(昭和61年)に原付を含むすべてのオートバイに着用が義務化され、現在ノーヘルで公道を走ろうものなら交通違反の対象になるのは言わずもがな。そんなヘルメット選びの際、ヘルメットをかぶった自分を鏡で見て「頭デカっ!」「マッチ棒みたい!」って思ったことありませんか?

安全性や剛性を保つためにヘルメットメーカーでは様々なテストや開発などを行い、ヘルメットをライダーの元へ届けていますが、それでも見た目のバランスなどを考え、もう少し頭が小さく見えるヘルメットがあったらと思っている方も少なくないはず。さらに言えば、旧車やレトロスタイルのバイクに乗る人であれば、もうちょっとビンテージスタイルのヘルメットがあったらな、と思っている方もいるはず。

店内にはマニア垂涎のドゥカティ 900MHRと1960年代に三菱が発売したシルバーピジョンが置かれる。どちらも代表・高橋さんの愛車。

そんな方におすすめなのが「TT&カンパニー」のヘルメット。TT&カンパニーは元はハーレーをメインにしたカスタムショップだったが、代表を務めるデザイナーの高橋広之さんが「バイクカスタムは面白いけど、小さいアイテムの方が浮かんでくるアイデアを形にしやすく、面白い」と、シルバーブランドを経て、今のヘルメットをメインに展開するTT&カンパニーになったそう。

6年前にオープンした東京江戸川区新堀にあるオフィシャルショップに入れば、店内の両側にはこだわりのヘルメットが並び、一角には革製品やTシャツなども置かれている。

鮮やかなカラーでまず目に飛び込んでくるのが丸みを帯びた形状が魅力のビンテージスタイルのフルフェイスヘルメット「TOECUTTER(トゥーカッター)」。ソリッドカラーのスタンダード以外に、レトロなグラフィックのセブンティーズラインやレザートリムが高級感のあるレザーリムショットハンドソウンなど、まるで洋服を選ぶようにワクワクできるデザイン。

3D設計にて試行錯誤を繰り返し完成した、乗車用規格内では最小サイズのスモールフルフェイスヘルメット「TOECUTTER(トゥーカッター)」。定番カラー 22,000円(税込)

シンプルなジェットタイプのヘルメットが欲しいなら「SUPER MAGNUM SMALL JET HELMET(スーパーマグナム ジェットヘルメット)」がおすすめ。小さめながら適度な長さのあるタマゴ型シェル(帽体)を採用。両サイドのシェイプで頭が小さく見えるため、かぶったときの全体のバランスがいい。トゥーカッター、スーパーマグナムはいずれもSG規格を取得している。

左はレトロなグラフィックが施された「トゥーカッター セブンティーズライン」26,950円(税込)、右はラインが印象的な「スーパーマグナム レインボー」 14,300円(税込)

もっと小さめのヘルメットを探している人には「500-TX」を。ベルヘルメット社が1950年代に開発したヘルメットを踏襲したモデルは、小さなシェル(帽体)ながら頭全体をしっかり覆うタマゴ型。両頬にそったシェイプも頭部をコンパクトにみせてくれます。

小さなシェルが魅力の「500-TX」17,380円(税込)

TT&カンパニー代表の高橋さんは、生粋のバイカーであり、約30年前から何度もアメリカを訪れていた。そこでビンテージヘルメットに魅せられ現在に繋がる。今回紹介したヘルメット以外に、高橋さん自身が手がける1点モノのヘルメットやオフィシャルショップ横の工房で作られる「Made in Tokyo Line」は、マニア垂涎のヘルメットにもなっているとのこと。

TT&カンパニー代表でありデザイナーでもある高橋広之さん。所有するバイクやクルマは数知れず。店内は自身によるDIYで仕上げたのだそう。

TT&カンパニー オフィシャルサイト
https://www.ttandco.com/

余談ですが、私が気になったのはフルフェイスのトゥーカッター セブンティーズライン。一緒にこのTTゴーグル(9,900円・税込)合わせたらカッコ良さそうじゃないですか?

Yuko Matsuzaki

17,303 views

「バイク女子部 通信」編集長、Facebook「バイク女子部」管理人。バイク雑誌「MOTO NAVI」や自動車雑誌「NAVI CARS」の編集部に約12年在...

プロフィール

ピックアップ記事