過去最多230名の女性ライダーが集合!「バイク女子部ミーティング2022春」、華やかに開催しました!

Bike Life

このバイク女子部通信でもたびたび告知してきた「バイク女子部ミーティング2022春」。ゴールデンウィークの前半は雨の予報も出てましたが、4月30日(土)は奇跡的に晴れ!快晴のもと、無事に終了しました。

午前中は霧が出たもののお昼前から青空に

昨年は緊急事態宣言で中止になった女子部ミーティングですが、「今年こそ、みんなに会いたい!」と多くの女性ライダーがバイカーズパラダイス南箱根を目指して来てくれて、過去最多230名のバイク女子が集合しました!

女性ライダーが多くて華やか!

午前中は霧も立ちこめたバイカーズパラダイスですが、お昼前ぐらいからは青空が出てきて気持ちの良いお天気になりました。きっと、女子パワーが雨雲や霧も吹き飛ばしたんでしょうね!

グループで来場している女性ライダーも多かった!

車両メーカーからヘアケア用品まで、20のブースが並びました!

会場にはズラリと20個のブースが並びました。とくに今回は二輪メーカーの出展がとても華やか!

MVアグスタ、ハーレーダビッドソン、トライアンフ、KTM、ハスクバーナ、ファンティック、ランブレッタなど、試乗車やまたがりOKの車両がずらっと並びバリエーションも豊富!

MVアグスタはSCS(クラッチレバーを使用することなく走り出せる、スマートクラッチシステムを採用)を搭載した車両を用意。
試乗車のドゥカティ・スクランブラー とモンスター+を扇動するのは、二輪ジャーナリストのケニー佐川さん。
KTM川崎中央からは、KTMとハスクバーナそれぞれ2台の試乗車をご用意いただきました。
ハーレーダビッドソンはデビューしたてのナイトスターの試乗車を2台用意いただきました。

女性ライダーのミーティングということで、各社、ローダウン仕様や女性に人気の車種を用意いただきました。

トライアンフ東京はストリートツイン、ボンネビル、トライデントを3台をラインナップ。
ファンティックやランブレッタを扱うモータリストでは、にゃんばちゃんこと難波祐香さんが看板娘として登場。ネコ耳の付いたニャンブレッタとともにブースを盛り上げていました。
ビンテージドゥカティ専門店TIOでは、女性ライダーが駆る750SSが展示され、キックスタートのデモンストレーションも実施されました。

バイク用品からヘアケアグッズまで、女性にオススメのアイテムが豊富に!

オシャレに敏感な女性ライダーが気になるのはライディングアパレル。女性のための二輪用品を扱うBaicoでは、アウトレット商品が人気。実際に手に取って見られるのは嬉しいですよね!

デイトナは今年新たにスタートしたキャンプ用品ブランド「デイトナ アウトドア サプライ」を中心に展示。キャンプデビューしたい女性は気になったのではないでしょうか。

BILOのブースでは、ロッカー付きバイクパーキングシステムの展示がありました。じつはバイク女子部の意見も取り入れてもらっていて、ヘルメットを脱いだ時に髪型やメイクをチェックできるようロッカー内の女優ミラーをセットする提案をさせていただきました。

KOODのブースでは、走りが軽くなるアクスルシャフトの紹介。走りにこだわる女性は興味津々。

そして、ヘアケア用品のリックス&カンパニーが初登場でした。ヘルメットや走行風で女性ライダーの髪は痛みがち。ブースでは髪にスプレーするドライシャンプーを試せたり、SNSを活用したキャンペーンが実施されました。他のバイクミーティングでは出会えない美容アイテムに多くの女性ライダーが訪れていました。

他にもレザー小物を扱うKTレザーや二輪ジャーナリスト小林ゆきさんが作るアクセサリーKommon、オートバイ小説家・武田宗徳さんのオートバイブックスも出展いただきました。

小林ゆきさんがのブランド『Kommonうでわ』は、ビーズ/天然石/スワロをワイヤーワークで作るアクセサリーブランド
オートバイ小説も執筆する武田宗徳さんが運営するオートバイブックス。
レザーのてるてる坊主が可愛いKTレザー。

“学び”の要素を取り入れた「バイク女子部学園」

今回は女子部ミーティングでも初の試みで、“学び”を取り入れた「バイク女子部学園」とし、1限目、2限目……と時間割りを区切ったり、授業の合間にはチャイムを鳴らすなどスクール感を演出。4つの学びコンテンツが実施されました。

講師がすべて現役のモトジムカーナ選手という「モトジムカーナレディスデイ」では、女性が怖いと感じるライディングについて質疑応答形式でレクチャー。小回りやUターンの克服法をモトジムカーナ選手のハナさんが分かりやすく説明しました。参加した方には、バイクに乗るうえで必要なメンテナンスが可愛らしく描かれたチェックマイバイクステッカーもプレゼント。

モトジムカーナ レディスデイ講師のかおりんごさん、ハナさん、アキゾーさん。
ハナさんの楽しいトークにみんな引き込まれていました。

女性のためのライディングスクール「チームマリ」では、元WGP125のライダーであり、チームマリの代表を務める井形ともさんが、スクールの合間を縫って駆けつけてくれました。ブースではサーキット走行のための準備や走り方のコツをレクチャー。スクールでも使用しているというホンダ CBR150を持ち込み、サーキットライディングのフォームをアドバイスしていました。

チームマリは日本唯一の女性だけのサーキットレッスンを開催

林道ライターの松下時子さんは、オフロード走行時のフォームをみなさんに体感して欲しいと「トラッパー」というバランス感覚を養うためのアイテムを準備。最近はオフロード女子も増えているので、興味津々で時子さんに質問しているバイク女子の姿も見受けられました。

トラッパーを使いフォームをレクチャー

ステージでは、ベテラン女性ライダーによるトークショーも開催されました。誰しも二輪免許を取ったばかりの頃は緊張します。とくに二輪は路上教習がないですからね。初めての公道走行は緊張の連続です。そこで、「公道を安全に走るには」をテーマに、二輪ジャーナリスト川崎由美子さん、女性レーサーの草分けでもある腰山峰子さん、チームマリ代表の井形ともさん、MCとして二輪ジャーナリストの小林ゆきさんというプロフェッショナルな4名に、ご自身の経験を踏まえつつお話いただきました。

左から、MC担当の二輪ジャーナリスト小林ゆきさん、チームマリ代表・井形ともさん、女性レーサーの草分け・腰山峰子さん、二輪ジャーナリストの川崎由美子さん。

イベント終盤には、バイク女子であり手話で歌を届けるシンガー、水戸真奈美さんが登場。デフライダー(聴覚障害のあるライダー)がいることをもっと知って欲しいと、今回水戸さんとバイク女子であるフォトグラファー藤村のぞみさんが作ったプロジェクトの紹介と水戸さんの歌が披露されました。

デフライダーの女性とともにステージで歌とメッセージを披露した水戸真奈美さん(左)。

このバイク女子部のミーティングの初回は2016年。メンバーが1000人を達成した記念として第1回目を開催しましたが、今では4000人を超えました。

毎回恒例となっている全員集合流し撮り!
バイク女子部運営スタッフの松崎(左)と林(右)。

イベントの目玉でもあるプレゼントじゃんけん大会&抽選会にもいつもたくさんの協賛をいただきます。このイベントがこれまで運営できているのは、本当に多くの協賛メーカー、ボランティアスタッフのみなさんが協力してくれ、集まってくれる多くの女性ライダーがいてくれるからこそ。

もはや女子部イベントに欠かせないボランティアスタッフのみなさん。交通誘導ありがとうございます。みんながスムーズにイベントを楽しめるのもボランティアの皆さんのご協力あって!

会場を見渡してみると、今年はこれまで以上に若い女性ライダーの姿も多かったような。

インスタグラムやツイッターでイベントを知って参加してくれる女性ライダーも多かった。

「バイク女子部に入ったおかげで、女性ライダーの友達が増えた!バイクライフが楽しくなった!」という声も多く聞きます。来年もこうしてバイク女子同士の出会いの機会を作っていけたらと思います。

ドゥカティジャパンのマッツ社長も来場。終日ご参加いただきました!

「バイク女子部ミーティング2022春」に関わってくださったすべての方へ、ありがとうございました!

photo_Masha Yajima、Yukihiko Asahi、NANA-KO、 BIKEJOSHIBU

Yuko Matsuzaki

91,505 views

「バイク女子部 通信」編集長、Facebook「バイク女子部」管理人。バイク雑誌「MOTO NAVI」や自動車雑誌「NAVI CARS」の編集部に約12年在...

プロフィール

ピックアップ記事